将棋のルールを学ぶ

駒の種類と動かし方
(method of movement)
王 (King)


飛 (Rook)

成駒(Promoted Rook)

角 (Bishop)

成駒(Promoted Bishop)

金 (Gold)


銀 (Silver)

成駒 (Promoted Silver)

桂 (Knight)

成駒 (Promoted Knight)

香 (Lance)

成駒 (Promoted Lance)

歩 (Pawn)

成駒 (Promoted Pawn)



駒の配置
(Starting position)

王将が盤の中央に配置され、その両側に金/銀/桂/香の順に並びます。 対局者に手合割(ハンデ)をつける場合は、上手(上位者)側の駒を減らして対局を始めます。この場合、上手(上位者)が必ず先手になります。


ルール
◆対局の進め方
先手と後手が交互に駒を進めていきます。取った駒は自分の持ち駒になり、盤上に打込むことができます。

◆王手と詰み
相手王将に王手をかけ、その王将に逃げる術が無くなれば勝負は決着します。この状態を『詰み』といいます。

◆駒の成り
将棋の駒には表と裏があり、駒を裏返して別の駒にすることを『成る』といいます。成ることで元の駒より強力な駒にできます。
将棋盤9×9マスの内、相手陣内3段目までに自駒が入り込んだ場合、その駒を成らせることができます。ただし(王)と(金)は成れません。

◆禁じ手
以下は反則負けになります。
・二歩
同じ筋に二枚目の歩を打ち込む事。
・打歩詰め
持ち駒の歩を打って王手をかけ、相手玉を詰ませる事。

◆千日手及び連続王手の千日手
対局中に同じ局面が四回以上現れると、千日手で引き分けになります。
ただし、その千日手が連続王手の結果生じた場合、連続王手を繰り返した側が負けになります。


(C)湖南ソフト